メラニン撃退!

メラニン撃退!

学生のころ、私は部活で外に出ることが多く真っ黒でした。

 

日焼け止めのベタベタした感覚があまり好きではなかったのが理由です。
しかし、そうして肌を焼いたしわ寄せが、20代になってから出始めました。

 

20歳をすぎてすぐにシミが増えはじめ、大きいものではなかったのですが年頃ということもあり、とても気になっていました。

 

そんな時、皮下のメラニン色素を測る機械で私の顔をチェックすると、
やはり学生のときの日焼けが仇となりひどい結果で、とてもショックでした。

 

その日から心機一転、
冬でも雨の日でもつけ心地のよい日焼け止めを塗って外出するようになりました。

 

また、皮膚のメラニン色素は皮膚そのものが日焼けをする以外にも、
眼球から入る日光も大きく影響していることが科学的に証明されていると聞き、
外に出るときはできるだけサングラスをしています。

 

夏でなくとも、春先や残暑の日中も紫外線が多いので、必須アイテムです。

 

また真夏は、日焼け止め+PA値の高い下地+PA地の高いファンデーションの3層で紫外線をブロックしています。夏は何かと汗をかくことが多いので、こまめに「化粧直し」というよりも「日焼け止め直し」をするようにしています。

 

顔について、話してしまいましたは、

 

もちろん首や手足など素肌が出るところにも日焼け止めは絶対です!

禁酒禁煙!禁大食い!そしていろいろ美肌対策!

すごく、昔。
なんとなく腕(肌)を出したくなくて、半そでを着用しなかった時代があります。

 

実は高校生だったころです!
・・・そのあたり?でヤマンバガングロ、日焼けサロンとか大流行してたんですけれど。
ただ、肌を見せるのが恥ずかしい?って思っていただけですが。
ソコの時点でかなり、今になってみたらポイントは高かったようです。

 

当然、このものすごく暑い日々。
ほとんど、半そでは着用しません。
手袋とかそういう対策じゃなくて最初から「長袖!」
そして美白にはビタミンCが有名ですけれどそれ以前に
ターンオーバーや免疫のためにビタミンBのサプリメントを
使っています。夏は疲労回復にもビタミンBのモノをたくさん食べると
元気なカンジになりますのでおすすめ。

 

栄養はとっても結局自分に定着イコール吸収されなければイミがない。
そのためにはきちんとした睡眠が大事です。
成長ホルモンその他の影響を考えると夜10時から午前二時には
眠っていないとダメとよく言われますね。
毎日は無理でもきちんと睡眠をとることも大事でしょう。
長時間睡眠をとることがやはりいいことでもないのでそこはバランスが大事。

 

夜更かしをしないためにも夜にアルコールをたしなむのも
加減が大事そうですね。

 

美白、美肌を考え出すと、栄養やサプリメントの話がかなり出てきますが
その知識を応用して基礎化粧品をチョイスすることも
結構楽しくなってくるかも?

 

学校のお勉強でならう栄養のことや、めんどくさい調理の話のビタミンだと
頭から抜け落ちてしまいそうですが、自分の肌のためなら
学習できますよね!お互いガンバリマショー!